ネットでコロッケを作ってくれました、でも・・・

最近は日曜日も毎週のようにレッスンが入るのですが、先日の日曜日も入門コースの
説明をして帰宅すると夫が手作りでコロッケを作っていてくれたのです。

写真[1] (5)
「これって、どこで買ってきたの?」なんて聞くと
「手作りだよ。」ちょっとびっくりです。コロッケなんて作ったのおそらく
初トライです。思わずつまんで食べてみました。

あれ、どうしてこんなに塩辛いのでしょう???
塩、どのくらい入れた? 玉ねぎ入れた? 炒めた?  などなど
いろいろ質問。どうもいわゆるネットでレシピを取ったそうです。

そこでどうしてこんなに塩辛いか、分かったのです。隠し味に醤油を大さじ2
入れる様にかいてあるのです。でも玉ねぎが甘いはずだし、お芋の甘さも出れば
??? それからいろいろ質問して分かりました。

まず、玉ねぎを炒めすぎです。「だったよく炒めるって書いてあった」だから
カレーのルーを作るように飴色になるまで炒めたそうです。まずここが間違いです。
これは玉ねぎのコクを出すためですが、コロッケはそこまで炒めてしまっては甘さが
でないのです。

その上、醤油をいれてますます甘さがなくなり塩味が先に出てしまいました。
よく炒める意味がちょっと違っちゃいましたね。
他にも牛ひき肉を入れ過ぎです。醤油のかくし味を味が出ないときにバランスが
いいのです。すべての工程でやりすぎてしまったのですね。

せっかく時間をかけて、ちょっと残念でした。あんまり私が言っていたので、
ついには夫が、今度は怒り出してしまいなんだか夫婦喧嘩に。「だって昔は
私が試作をすると、誰かが本当のことをいわないとあなたも腕が上がらないでしょ。」
なんて言っていたのにと思いましたが。

ともあれ、お料理には後ろにどうしてここまでやるかの意味があるのですね。
私は皆さんが失敗をしないように、いつも他でも応用が出来る様に
繰り返しお伝えするのですね。 どうしても文字だけではその意味が
分かりにくくて、よく出来ない事もあるのだと再確認をしました。

オリンピックのアスリートたちが「達成感」「自分の力をだす」と
笑顔で出る様に、私も皆さんが「素晴らしく美味しく出来る達成感」を味わって
頂きたい、これが指導者の役目なのだと感じました。

ちなみに夫は「あなたもこれで何で皆さんが本やネットからその意味が分かる
ことの難しさが理解できてよかったでしょ、僕も貢献したじゃないですか。」と
コメントしておりました。

いつものように「家庭料理+ケーキ」と「入門コース」のレッスンを
して、この教室のご指導などや特徴を説明します
P1180493.jpg
春にむけて何かにチャレンジ
する人が多いのか、入門体験や家庭料理体験もご参加の人が増えて嬉しいことです。

是非お料理を特技にして頂きたく思うので、こちらも皆さんの様子を伺いながら
ゆっくりすすめていきます。入門の天ぷらはハードルが高いので皆さんにとって
技術がなくても出来る様に、レシピを工夫・改訂何度もしてきました。

油の処理が大変ってことも言われるので、少ない油で揚げてもサクサクに揚げられる
方法を考えます。油の処理までご指導しますのでどうしても2時間ぐらい実習することに
なります。さらにだしの取り方からお吸い物、お魚の鍋照り焼きも油を落としながら
焼くマジックなど、少しよくばり実習です。
私も生徒さん達も真剣に作られて、出来栄えと味付けに満足頂くので
「楽しかった」「家でもやってみます」ってお料理に前向きになって下います。

例えば野菜の切り方等も全種類切って頂くと「実際切るのって難しいですね」って
感想です。すべてに初めの一歩なので慣れれば難しくなくなって、皆さん上達され
ますね。

ますます、初心者でも飛び切りの料理を作れるマジックご指導がんばりま~す。

槻谷寛子 Do Cook 銀座料理教室
03-6914-3319  2月25日  槻谷寛子
スポンサーサイト


お料理教室の紹介 | 【2014-02-25(Tue) 10:56:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 銀座 料理教室-槻谷寛子DoCook銀座教室のブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*